おすすめスポーツベッティングのランキングはコチラ

仮想通貨とは?

最近よくテレビのニュースなどで耳にすることも増えてきた「仮想通貨」。

  • 仮想通貨では何が出来るのか?
  • 仮想通貨のメリットやデメリット

などをこのページで紹介します。

仮想通貨とは?

普段使っている現金の場合は「円」なら日本、「ドル」ならアメリカ
という感じで国家が保証をしていますが、仮想通貨の場合は特定の国家による保証がない通貨になります。

仮想通貨の価値は日々変動しているので投資にもおすすめです。

電子マネーの場合は例えば1000円をチャージすることで1000円分の電子マネーになりますが、仮想通貨の場合は1000円分の仮想通貨を買うことが出来ます。

仮想通貨には様々な種類があります。

国による影響が少ない為、仮想通貨に対応しているお店で使う分には海外へ行っても通貨の両替をしなくてもそのまま使えるのが魅力の1つです。

海外へ送金する場合も両替する必要がなく短時間で送金をすることが出来るので非常に便利です。

ブロックチェーンという暗号化技術を使っていて送金や入金などの取引の記録が全て残ります。

仮想通貨で何が出来るのか?

日本国内だけでなく世界各国でそのまま買い物に使える。

仮想通貨は国による影響が少なく日本円から海外の通貨へと両替する必要もないのでそのまま買い物などに使うことが出来ます。

仮想通貨は日々価格が変動していて取引をすることで投資にも使えます。

国内や海外への現金の送金がスピーディーに出来て手数料も安い。

例えば日本からアメリカに送金や支払いをする場合に1度通貨を日本円からドルへと両替をする必要があります。仮想通貨の場合は両替の必要がなくそのまま指定口座へと送金が出来る為スピーディーに送金が出来ます。

仮想通貨には何があるのか?

仮想通貨で有名な物といえば「BITCOIN(ビットコイン)」があります。

ビットコイン以外の仮想通貨のことをまとめて「アルトコイン」と言います。

ビットコインには発行の上限が決められていて最大2100万枚までと決められています。上限を決めることでインフレを抑えることが出来ます。

一番初めに出来たのがビットコインになりますがこのビットコインは「サトシナカモト」という匿名の人がネット上に設計図を発表したものをエンジニアの人が実際に作ったことが始まりと言われています。このサトシナカモトはAIなんじゃないかなどと噂されるほど謎に包まれています。

このビットコインを元に他の仮想通貨が作られている為ビットコインは全ての仮想通貨の基盤となっています。そのためアルトコインという風に呼ばれます。

BITCOIN(ビットコイン)は時価総額の動きが激しいのが特徴です。

アルトコインには

  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン

などの仮想通貨があります。
それぞれの仮想通貨には特徴があります。

イーサリアムはアルトコインの中で最も時価総額が高いのが特徴です。

リップルは使える場所が多いのが特徴です。

ライトコインは発行上限はビットコインの4倍なので希少価値が低く価格の高騰がしにくいので安定性があるのが特徴です。

自分の使用用途や好みに合わせて選びましょう。

仮想通貨を始めるには?

仮想通貨を始めるためには「取引所」というサイトで口座を開設する必要があります。
口座を開設してから「取引所」と「販売所」で取引することが出来ます。

仮想通貨には「取引所」と「販売所」があります。
この2つの違いはなんでしょうか。

取引所は仮想通貨を所有している・所有したい人同士が取引をする場所です。

需要と供給によって取引が成立するので売買する際にどちらかが損をするということがありません。

しかし需要と供給で成り立っている分、買い注文と売り注文が一致しなければ買えない・売れないということになります。

例えば値下がりすると予測して10万円分の仮想通貨を売りたいと思い売り注文をしたとします。

しかし取引所に買いたいという人がいたとして5万円分だけ買いたいという人しかいなかった場合に5万円分だけしか売れないということになります。

こういう時の為にあるのが販売所になります。

販売所はその仮想通貨を管理している業者が売買をしてくれます。

販売所で売買をする場合「手数料」が上乗せされた額が表示されます。

取引所で需要と供給に悩んだときに販売所を利用するのがおすすめです。

仮想通貨で利益が出た場合に手数料はかかるの?

値上がり益で利益が出た場合「雑所得」という扱いになります。

雑所得は年間20万円を超えた場合「確定申告」をする義務が発生します。

逆言えば利益が20万円以下の場合は確定申告をする必要はありません。

税金は給与と合わせた全体の金額に対して5~45%の税率がかかります。

利益が出た場合は注意しましょう。

まとめ

仮想通貨はまだまだ価値が上がる可能性を秘めています。
しかし取り扱いには注意が必要ですがある程度の知識をつけてから始めることをおすすめします。