おすすめスポーツベッティングのランキングはコチラ

スポーツベッティングで得た賞金に税金はかかる?

ブックメーカーサイトを通してプレイ出来るスポーツベッティングには、スポーツ・経済・ニュース・e-sports(Eスポーツ)・天気・ドッグレースなど色々な事でギャンブルが出来たり、スポーツの試合を観戦しながらギャンブルを出来たり、過去の戦績などを見れたりなどと様々な多くのメリットがあります。

スポーツベッティングでは賭ける競技や賭け方・ベット額に気を付けることでかなりの賞金を稼ぐことが出来ます。

しかしスポーツベッティングやオンラインカジノでの賞金は収入的にどういう扱いになるのでしょうか。

このページでは

  • 日本の公営ギャンブル(競馬・競艇・競輪)などでは税金がかかるのか?
  • スポーツベッティングやオンラインカジノでの賞金は税金がかかるのか?
  • 雑所得とは?
  • 確定申告とは?

を紹介していきます。

日本の公営ギャンブルは税金がかかるのか?

競馬・競艇・競輪など日本には公営のギャンブルがいくつかあります。

日本で多くの人が実際に公営ギャンブルで遊んでいますが税金はかかるのでしょうか。

競馬・競艇などのギャンブルで勝利して賞金を得た場合の収入は全て「雑所得」という扱いになります。つまり税金はかかります。

雑所得による確定申告の義務が発生する条件は年間20万円以上の収入になります。

年間20万円以上の雑所得がない場合は確定申告をする必要はありません。

しかし周りで20万円以上の収入を得ていても確定申告をした。という人はほとんどいません。

日本の公営ギャンブルの場合現地で賞金を受け取ることが多くその賞金の受け渡し(収入)の履歴が残ることがありません。結果的に税務署側がギャンブルでの賞金を捕捉しきれていないのが現状です。

トラブルを避けるために20万以上の収入がある方は収支を記録しておいて確定申告を行うことをおすすめします。

ちなみに競馬・競艇・競輪などの雑所得の確定申告をする場合は馬券・舟券などの購入費は的中したもののみしか含まれません。ハズレ馬券は一切購入費に含まれないので注意しましょう。
もしも1万円の馬券を3点購入して10万円の配当が出た場合に購入費として認められるのは的中した馬券のみなので1万円の馬券の分(10万円-1万円)が控除されるということになります。

スポーツベッティングやオンラインカジノでの賞金は税金がかかるのか?

日本の公営ギャンブルと同じくスポーツベッティングやオンラインカジノでの賞金も雑所得という扱いになります。

この場合も日本の公営ギャンブルの場合と同じく損失額に関しては購入費に含まれないので気を付けましょう。

もしも年間の支出と配当金での計算の場合

  • 1万円の支出で10万円の配当金(利益9万円)
  • 5万円の支出で6万円の配当金(利益1万円)
  • 5万円の支出で3万円の配当金(損失2万円)
  • 10万円の支出で50万円の配当金(利益40万円)
  • 20万円の支出で配当金なし(損失20万円)

の場合合計の利益は50万円で損失が22万円になります。
しかし損失額は含まれない為16万円が控除費という扱いになるので覚えておきましょう。

スポーツベッティングやオンラインカジノの場合は確実に確定申告をしなければなりません。
何故ならスポーツベッティングやオンラインカジノの賞金は直接受け取るわけではなく銀行口座や電子決済サービス(Ecopayz・iWallet・BitCoin)などに送金と言う形になるため取引の履歴が全て残るため税務署のチェックに引っかかるので忘れずに確定申告をしましょう。
ちなみにオンラインカジノ・ブックメーカーのサイトによっては収支の情報などをサイトに酔い合わせることでメールに添付や郵送などの方法で送ってくれるサイトもあるので一度問い合わせてみるのがおすすめです。もちろん手書きの収支表でも大丈夫です。

雑所得とは?

雑所得とは本業とは別の収入のことをいい

  • 利子所得
  • 配当所得
  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 給与所得
  • 山林所得
  • 譲渡所得

などを除く一時所得による収入のことをいい、年間20万円を超える収入を得た場合は確定申告をする義務があります。
確定申告を忘れたり不備があると追加課税や罰則の対象になることもあるので注意が必要です。

確定申告とは?

前年度の一年間分の収入を税務署へと申告し所得税を支払うことをいいます。

対象者は毎年2月の半ば頃から3月の半ばの間に確定申告書を提出しなければなりません。

確定申告書は税務署で申告書を貰い記入し直接税務署へと提出したり税務署へ郵送することも出来ますが、最近では税務署へ行かなくてもインターネット上で申告が出来る「e-tax」という電子申告システムというものもあります。

e-taxを利用する場合はe-taxのホームページ
http://www.e-tax.nta.go.jp/ を使い書類を作成・提出したり
民間のソフトウェアを利用して簡単に申告書を作成することも出来ます。

まとめ

年間20万円以上の賞金・配当による収入が出た場合は忘れず確定申告をしましょう。