おすすめスポーツベッティングのランキングはコチラ

ブックメーカーの運営の仕組み

今スポーツとギャンブルが好きな人に人気のスポーツベッティング

気になることは多いと思います。

  • 運営の仕組みや安全なのか。
  • 誰が運営をしているのか。
  • 何故違法ではないのか。

など色々と気になることがあると思います。

このページではスポーツベッティング(ブックメーカー)の

  • 運営方法
  • ライセンス
  • ソフトウェア

などを紹介していきます。

ブックメーカーとは?

ブックメーカーとはスポーツや経済など様々な事でギャンブルをすることを言います。

スポーツベッティングとブックメーカーは同じ意味で使われます。

スポーツベッティングをするにはブックメーカーのサイトに登録して入金することで遊べます。

ブックメーカーサイトの運営方法とは?

スポーツの結果でギャンブルをすると聞くと多くの人が
「違法ではないのか?」と疑問を持つはずです。

しかし違法ではありません。

日本ではスポーツ賭博は一切禁止されています。

何故ブックメーカーは違法ではないのかと言うと、日本人がラスベガスに行きカジノをした場合逮捕されることはありませんよね?

これと同じことで日本国内にいながらインターネットを通して海外のカジノで遊んでいるという扱いになるからです。

それではこの海外というのはどこの国なのでしょうか。

ブックメーカーサイトは1つの国だけでなく色々な国で運営しています。

ちなみにイギリスが発祥です。

しかし運営をするには厳しい審査があります。

この審査のことをライセンスと言います。

国が厳しい審査の元許可をした場合に限りライセンスが発行されるという仕組みになっています。

つまり日本で言う公営ギャンブルに近い形になります。

ライセンスを持っているブックメーカーサイトに限り比較的安心ということになります。

ブックメーカーと日本の公営ギャンブルとの還元率の違いとは?

還元率とは運営がプレイヤーから手数料をどれだけ取っているのかという数字です。

還元率が高ければ高いほどプレイヤー側がお得になります。

手数料は高ければ高いほど運営側が儲かるという仕組みになっています。

日本のギャンブルは還元率が低く取られる手数料の割合が高いのでプレイヤーにとってあまりお得ではありません。

しかしブックメーカーの還元率は94%~97%とかなり高めになっています。

このためプレイヤーはお得にギャンブルをすることが出来ます。

この日本のギャンブルとブックメーカーのギャンブルでの手数料の違いとは?

日本のギャンブルの場合は

  1. オッズはレース開始まで確定していない状態の馬券や舟券を購入する。
  2. 運営者(主催者)側がトータルの賭け金を集める。
    (賭け金を集めた全体の中から手数料として取り分を持っていく。)
  3. レースが行われる。
  4. 的中した場合配当される。

ブックメーカーの場合は

  1. 既にオッズが確定している物から選び購入する。
  2. レースが行われる。
  3. 的中した場合配当される。

つまりブックメーカー側が赤字になることもあります。
ブックメーカーのサイト側が赤字になるリスクも背負っているので還元率が高めになっています。

還元率はブックメイカーのサイトに必ず公表されていてオッズも確定しているので不正などもないから安心して利用することが出来ます。

還元率が高いということは日本のギャンブルに比べて(灰と金的に)勝ちやすいということになります。

日本のギャンブルで勝てない場合はスポーツベッティングをしてみるのもおすすめです。

まとめ

スポーツを観戦しながらギャンブルが出来るスポーツベッティングはプレイヤーへの還元率が高い。

国によるライセンスを取得していて大手のソフトウェアを導入しているサイトは比較的安心できる。

ブックメーカーの運営の仕組みを理解して安心してプレイしましょう。